ホーム マイアカウント お問い合わせ

商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中

» カートの中身を見る

RSS ATOM

 

あなたは勉強が好きですか??

 

 

 

これに対して、好きって答える人は珍しいですよね(笑)

 

 

もちろん、私も勉強は嫌いでした。

 

 

看護学校に入学して、特に辛かったのが

 

数値を覚える事・・・。

 

 

 

看護学生のあなたはどうでしょうか??

 

 

バイタルサインなどの基準値や、

 

検査データの基準値を覚えていますでしょうか。

 

 

 

私は、1年生の一番最初の基礎の基礎。

 

血圧測定で躓いていました。

 

 

血圧の正常値を覚えることができなかったんですね。

 

 

成人、小児、老年、全てに置いて

 

微妙に血圧の基準値が異なることが

 

とても腹立たしかったです(笑)

 

 

 

でも、数値を覚える事なんて

 

実は何ともなかったんですね。

 

 

というのも、数値をそのまま丸暗記しようとするから

 

覚えるのが難しかったのです。

 

 

看護の勉強は全てにおいて

 

イメージすることが大切なのです。

 

 

それでは、これについて具体的に説明していきましょうか。

 

 

 

 

成人の血圧の正常値は

 

130/85mmHg

 

なんですが、

 

まずこれってどれくらいの血の圧力なの??

 

って思いませんか??

 

 

私は正直何もわからなかったので、

 

疑問だらけでした。

 

 

そして、血圧についての

 

全てを調べてみることにしたのです。

 

 

まず、130/85mmHgが

 

どれくらいの血圧かを伝える前に大事なことがあります。

 

 

 

それは、血圧計についてです。

 

 

看護学生は、学校の授業や、実習で

 

水銀の血圧計を使用することが多いのです。

 

なぜ水銀の血圧計を使用するのか、

 

理由はたくさんありますが、大きい理由は

 

 

・電源がいらないから被災地でもどこでも使用できる。
 

 

・精密機器ではないので故障が少ない。
 

 

・コロトコフ音を知っている医療従事者なら正確に測定できる。

 

 

これら3点になります★

 

 

 

 

でも、なんで水銀なの??

 

中身が水でもいいんじゃないの??

 

 

とひねくれ者だった私は思っていました(笑)

 

 

これにもちゃんとした理由があります。

 

 

水銀というのは、水の14倍の比重があるのです。

 

水の14倍重たいっていうことですね!

 

 

 

なので、水を使った血圧計を作ろうと思ったら、

 

滅茶苦茶長いガラス管が必要となってしまうのです(笑)

 

普通の血圧計の

 

14倍大きい物を持ち運ぶのは

 

武器を持っているみたいでキツイですよね・・・。

 

 

 

 

 

水銀が水の14倍だという事を頭に置いて、

 

これからの説明を聞いてみてください。

 

 

それでは、血圧がどれくらいの強さなのかを

 

イメージできるようにお話していきます。

 

 

 

 

 

成人の血圧130/85mmHgという血圧は

 

 

130×14 = 1820

 

 

1.82メートルという計算になるのです。

 

 

これはつまり、

 

血圧130/85mmHgの人の動脈をぶった切ると

 

1.82メートルも血が噴き出すという事なのです!ガーン

 

 

どうですか??

 

 

血圧についてかなり具体的なイメージができませんか??

 

 

 

成人の正常な血圧は、

 

身長182cmの人間くらい飛ぶという事です!

 

 

身長182cmの人間というと、

 

私たち女性に好きな方が多い

 

※引用元:「https://matome.naver.jp/odai/2135019758783064701」

 

 

向井理さんや、

 

覚えやすい芸能人で言うと、

 

※引用元:「https://matome.naver.jp/odai/2135019758783064701」

※引用元:「https://matome.naver.jp/odai/2135019758783064701」

 

 

ミッツマングローブさんや、

 

ボビーオロゴンさんなどが

 

身長182cmと言われています爆  笑

 

 

 

これくらい血が噴き出すことがわかれば、

 

血圧の数値をより覚えやすいですよね!

 

 

 

私はこれのおかげで、

 

血圧の数値を覚えることができましたし、

 

循環器系にとても強くなりました★

 

 

 

 

 

私は最初に看護の学習というのは、

 

イメージすることが大切だと言いました。

 

 

この話を聞いたあなたは、

 

身体の血圧についてイメージ

 

ができたかと思います。

 

 

また、血圧というのは心臓からでた血液が

 

血管を押す力の事を言います。

 

 

これをイメージすると、心臓って

 

 

物凄い力があると思いませんか??

 

 

じゃあ、血圧が高い時は

 

身体が内側から押されるイメージをすると

 

症状として頭が痛くなりそうだなとか、

 

 

血圧が低い時は

 

身体全体に血が巡りにくそうなので、

 

手足が冷たくなったり、

 

頭にも血が巡りにくいから

 

ふらつきがでたりしそうだな

 

 

 

といったように、

 

血圧の勉強一つすることで、

 

ここまでイメージすることができるのです。

 

 

 

 

 

看護の学習がイメージをすることで

 

捗ることが理解できましたか??

 

 

 

 

 

これからの看護の学習をこのように

 

工夫してみてください♪

 

 

きっと今よりももっと勉強が楽しくなると思います★

 

 

 

 

 

このようなわかりやすい

 

看護の勉強法や、

 

疾患、手術、各領域別の看護、

 

実習でも即戦力として

 

すぐに使えるお役立ち情報

 

についてまとめたものを販売中です。